FC2ブログ

感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 」

先日、本当にここのところ聞く“必要性”というものから遠ざかっていたNINの音源を深呼吸するように聞き漁る精神状態に久々に陥って、先般教授と、それからもう一人ある人からされた質問のことを思い出した。「あなたにとってどうなるのが幸せですか?」
「死にたくならないことです」、と私は答えたような気がする。
先刻、なんとなくRadioheadのNo surprisesの歌詞についてどんなだったっけと考えていて、「恐怖も驚きもない 不安も不意打ちもない 静かな暮らしを僕にください」という一節を思い出して、あ、これだ、と思った。
生まれ変わりたいなどと思ったことはないのだけれど(というか二度と生まれ変わりたくないと思っている)、どうしてもまた生まれなくてはいけないのなら、人間じゃなくて生きてるだけで満たされるものがいい、と昔から思っていた。もしかしたらその感覚は少し近いのかもしれない。

映画メモ

……滅多に更新されなそうだけど、一応。

- - - - - - - - - - - - ↓↓2013年

2月18日(月)「殺人無頼帳」ダーティ工藤 / DVD
2月3日(日)「幻の湖」 / CS録画
1月24日(木)「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



☆見たい映画

・ケンタとジュンとカヨちゃんの国
・運命じゃない人
・ミリオンダラー・ベイビー
・レクイエム・フォー・ドリーム
・ミスト
・生きない
・ホッテントット・エプロン-スケッチ

近況ー。

袴なんか読書メモ以外の更新はずいぶん久々になってしまった。
卒論も提出してしまって比較的のんびり過ごしているし特に事件もないので、取り敢えず袴を試着した時の画像でも載せておこう。
因みに結局この振袖&袴を着るわけではなくなりました。この袴、グラデーションで綺麗だったんだけどなあ。
あとなんか変なポーズなのは、袖の模様も写しとくためで、私も不本意なんでご了承くださいw
髪の毛は、今は手入れして割と綺麗な黒髪ストレートなんで、簪ではなくでっかいリボンにしてはいからさん風味(味?)にしようかなと!足元はやっぱりブーツだよなあ。


着ぐる~み~
←あと、クリスマスプレゼントにグルーミーの着ぐるみもろうた。
足先が冷たいのとトイレが大変なのが難点だけどw、暖かいよー。ぬくぬく。
でもこないだこの格好で朝布団の中でゴロゴロしてたら宅急便が来て、迷った挙句結局この格好のまま応対したけど、すげー恥ずかしかったねw
次に同じシチュエーションが到来したときの対策を考えないといけないかもしれません…。早着替え?


K3330214.jpgそれからそれから、ガンスリのサイン会に入ってきたよー。サインにヘンリエッタのイラスト入り。相田先生、10年にも渡る連載お疲れ様でした。
結局私は最終巻はLibretto!が読みたくて限定版を買ったんだけど、しかし絵としては通常版のクラエス表紙の方がカッコいいな…。やっぱりそれまでの色んな登場人物の思いが込められてるとはいえ、新キャラのスペランツァよりは一期生のクラエスの方に私は思うところが色々出てきてしまう…。
あと、まぁトリエラとリコとクラエスとアンジェリカとペトルーシュカの義体としての人生はまぁ幸せだったとしよう、しかしヘンリエッタ(とジョゼ)の人生はあれでよかったのか?とは思うなあ。エッタはほかの義体と、ジョゼはジャンと、死んだ/死なないだけでなく、色々明暗が分かれすぎというか…。だって、エッタはあの最後じゃまるで「これしかない」ことを良しとしたかのようだし、ジョゼの死が報いであるなら、何故ジャンは死なずに(報いを受けずに)済んだのか?ってのも、よくわからない。まぁ、運、ってのもよくある要素ではあるけれど、そこは物語なんだから、作り手が操作しても良さそうな要素である気もするけどな。
って、なんか否定的なことばかり書いてしまったけどw、好きですよ、ガンスリ。
義体たちの話はもちろん、公社の大人たちの話も好きだな。フェッロとニハッドの「まるで悪人だな」「『まるで』じゃなくて悪人なの」「おっかない女だねぇ。あんたらの神は『隣人を愛せ』と言ったんじゃなかったの?」「相手も愛してくれるとは限らないもの」っていう会話とか、ベリサリオがもがく様に研究する姿とか、ね…。
しかし最後まで残った謎は、ガットネーロは男だったのか、女だったのか、だ。名前が"o"で終わってるし(ヨーロッパ圏では基本名前が"o"で終わるのが男の名前、"e"や"a"で終わるのが女の名前)、トリノ原発での絵を見るとかなり男の子っぽいんだけど、慣例を見てると義体は女の子ばっかだし、何より最終巻でクラエスのハーブを掘り起こしてるシーンでは胸があるんだよな…。謎。

_

・Mercedes Benz (janis joplin)


別にそんなに詳しいわけでもないんだけど、ジャニス・ジョップリン。
オリジナルよりもこのライブのバージョンが、ベースがノリノリで好き。
あ、でもこの動画途中で切れてるな。最後まである動画があったはずなんだが・・・
しかし、神様におねだりする物が「カラーテレビ」ってのが、なんとも、時代だねぇ。ベンツはまぁ、まだ有効だけどもw

「明日目覚めれば地獄で御座る」

・BLANKEY JET CITY-水色

超久々に多重人格探偵サイコを読み返したら、雨宮君がラジオで流れてきたブランキーの曲の歌詞を呟くシーンがあって、あぁそういえばこんなのあったな、確かHDDに全曲入ってるんだし、この曲聞いてみよう、と思って聞いてみたら気に入った。
ブランキーって高校の時同級生に薦められて聞いてもイマイチ気に入らなかったんだけど(なんか無骨が過ぎると言うか、サービスが少ないなと感じた記憶が……)、年取ってから聞いたらいいなと思うようになった。途中でミッシェルを聞いたことが好影響をもたらしたかもw

ひさびさ

・近況
えー、引っ越しました。
新居は前より家賃が管理・共益費込みで2万近くも安いのに、占有面積は1.5倍に増えたという不思議。
まあ、虫は多いけどなかなか気に入ってます。何よりキッチン周りが広くて嬉しい。まな板が置ける!コンロが2口ある!ヽ(´∀`)ノ
加えて、色んな物や人との縁も切れて、気分はスッキリ爽やか軽やか。うふふ。
因みに昨日までネットが開通してなかったので、10日弱PCでネットが出来ない状態だったんですが、なんか全然困らなかったですね。大学の履修登録が出来なくてわざわざ大学までPC使いに行ったくらいで。ちょっと自分でも驚いた。
でもって夏休みはネットをしない分何をして過ごしたかというと、GS美神を全巻読み直し、真女神転生if...のSFC版をプレイしてました(因みに昨日ユミ篇をクリア)。要は遊んでたっちゅうことです!学生に戻れるのかどうか不安なレベル。
あと最近はジャンプのタカマガハラが面白くていいですね。アンケまで出すくらい応援し始めました。生き残ってー。ヒロイン?が全然可愛くないのは致命的だと思うけど……。でもサザビーかわいいね。私も人差し指で握手したい。今週のムササビ銃に「ムササビグロック」って書いてあるのがなんかワロタ。もっとでかい動物だとAKシリーズとかドラグノフとかになったりするんだろうか。夢がひろがりんぐ。
しかし伊達先パイからは私は死臭しか嗅ぎ取れないぜ。絵が荒い割りに画面が白いし。でもなんで読みきりの時にあった、先輩が片倉君の名前を聞いてときめくシーンを削ったんだろう。あれ、先輩が片倉君を試しつつも目を掛ける的な、結構重要なポイントと思うんだけど……。
恋染紅葉は、なんで主人公が小鳥の言うことにホイホイ従ってるのかサッパリ理解できないんですが。あんなん主人公がサナとナナに「写真で強迫されてこういうことになっちゃっただけで、全然小鳥と付き合ってるとかないから!あとこれも本当はバラすなって言われてるので、真相を知ったことは小鳥には内緒で!」とかメールしたらすぐに終わる話じゃん、と思っちゃうんだけど……なんかこれで問題あるかね?どうもヒロインたちがちょろ過ぎるせいか、主人公側にヒロインたちに対する執着が見えなくて嫌だね。
ってあれ、最後の方、近況じゃなくなっちゃったけどw
まあ、こんな感じです。



生きる理由が無い。なんか俺に生きる理由を与えろ
そんなもん本当は誰にも無いし、そもそも無くていいもんだと思うけど。
生きがいとか遣り甲斐とかも、所詮は下らないし(突き詰めれば個人がやってて楽しいと思うかどうかでしょ。崇高でもなんでもない)。
生きてて楽しいなら生きてりゃいいし、楽しくなくて且つそれが嫌なら死ぬ自由もある。そもそも生まれてきたくなかったってんならご愁傷様、多少は同情もするけどさ。
人間っていう"種"であることと、私という"個人"であることは、切り離せると私は思うんだけどな。
あと安楽死施設の設置を望むのは別におかしくも悪くもないと思うけどね。だって望んで生まれてきた奴なんてこの世に一人もいないんだぜ。その上体や社会には勝手に死なせないためのプログラムが組み込まれてるときたもんで、それがまた死にたい気持ちを加速させたりするという。
まあ、このスレの>>1はレスから察するに、単に鬱病じゃないかと思うけど。



2留して学生(24)になった結果wwwwwwwwwww
それは(28)で学生(しかも院生ではなく学部生)やってる私に対する挑戦かッ……!
ていうか日本の企業は新卒だの何だの気にしすぎて、ちょっとキチガイじみてると思うけどね。外国の大学なんかは、一旦就職してから大学に入りなおす人とかザラにいるけど、日本じゃ私みたいなのは目立つからねえ。そんなだから大学が就職予備校みたいになって、学生はやる気もなく取り敢えず入ってきて、私みたいなのが主席を取れちゃったりするわけですね(うちの学校が大した偏差値じゃないせいもあるだろうけど)。あぁやだやだ。
もう皆、「働かなくてはいけない」とか「経済成長しなくてはいけない」とか考えるの、やめなよ。自分たちの首、絞めてない?辞めたいと言いながら働き続けるとかアホらしいし、軽い気持ちだとしてもそんな愚痴を定期的に聞かされる方も迷惑だよ!
私は正解は「皆で出来るだけ働かないで、余暇を楽しむ時間を増やす方法を模索する」だと思うんだけど、何で皆で辛い思いをしてるんだろうね。変なの。
いや、仕事が好きでたまらないんです、って人はいいんだよ。好きなだけ働けば。まあ、私にとってはそうなったらそれは趣味(≒余暇)だけど。でも嫌で働いてる人は出来るだけ働かずに生きる方法を探す努力をすべきだと思う。努力ってのはそういう方向に使うべき。
あと、仕事が好きなわけではないけど働いてないと暇で困る、って人は、失礼かもしれないけどヤバイと思う。余暇の楽しみ方を知らないってことでしょ。生きてて楽しいのかね、余計なお世話だけど。
それと上にも書いたけど、遣り甲斐とか人の役に立つとかも、別に崇高でもなんでもないことだからね。本人はそれが楽しかったり嬉しかったりするから、自分に利益があるからやってるって点から見れば、単なる欲望。まあ結果他人の役に立たないよりは立つ方がいいとは思うけど、一流企業さんなんかはそれを口実に働く人たちを苦しめてたり、またその上で更に「そんなに稼いで寧ろどうするのさ」ってほどのお金を搾取してたりするので、一概に褒め称えるのは考えた方がいいと思うよ。

「君が誰であろうと僕には関係ない」

くまモン。

・くまモン、ゲットだぜ!枕・抱き枕に丁度良い厚み、硬さ、毛並みの良さ。
池袋のゲーセンにて200円で捕獲。本当、東口のあのゲーセンは格ゲも1プレイ50円だし、クレーンゲームも取り易いしで好き。これでヴァンパイアセイヴァーを復活させてくれたら本当神なんだけど。まぁ無理だろうけど。
アメリカン・スピリットは比較用に置いたんだけど、こんなでかいぬいぐるみをクレーンゲームで取ったのは初めてかも。
因みに熊本には行ったことがありません。九州は長崎・福岡以外は未体験です。高千穂峡とか行ってみたいな。



・↓ちょっと感心した文章。

宗教『こう生きなさい』
哲学『なぜ生きるのか』
科学『生きるとは何か』
文学『もしこう生きられたら』
芸術『これが生きる形だ』
歴史『それが生きた証だ』
美学『そうやって生きたい』
世論『生きてさえいればいい』
医療『生かしてみせる』
役所『生きている事にする』



・一昨日くらいから久々にSFCで聖剣伝説3を、女の子3人パーティーで始めて(←以前もこの条件で進めてたら神獣戦まで行ったのに、そこで友達に貸したらその兄にデータを消されたので何となくまたやってみた)、とりあえず水のマナストーンのところまでいって、あとレベルを一つ上げたらクラスチェンジが出来るぞーってところで、攻略サイトを見ながらどっちにクラスチェンジするかで散々頭を悩ませた挙句、やっと見通しを立ててさぁクラスチェンジだ!ってところで電源が入りづらかったので何度かソフトを出し入れしたら、今やってるやつと、以前のクリアデータの片方が消えやがんの。あー、この感じ、SFCだなーって感じだね。昔は腫れ物を触るように恐る恐るDQ5の電源を切ったもんだよ、うん。でもちょっとまた一からやり直すのは遠慮したい気分だな……どうせなら無事だったクリアデータの方が消えてくれればよかったのに……。
因みにやっぱり女の子三人だと火力が低い上に防御力も紙で、ザコ戦でも結構苦労します。前やったときも光の神獣戦が全然終わらなくて泣きたくなった記憶があるけど、今回も火山島ブッカのコカトリスの集団に泣かされた。男の子三人パーティは安定して高火力だからさっくりクリアできた気がする……流石にやったのがもう何年も前だからうろ覚えだけど。
しかしこのゲーム、主人公達の長髪率がハンパないよな。100%。まあ髪色がそれぞれ違うからまだいいけど、キャラデザの一般論的にはどうなんだろうね。



全身麻痺患者「もう死にたい…自殺すらできない…」 英国裁判所「あなたに死ぬ権利はありません。」
うわー、これはキツい。私が考え得る中で最高の苦痛がこれ、"いつ終わるとも知れない苦痛を受け続け、しかも自分の力では終わらせることが出来ず、耐えるしかない"という状況。
思うに、二代してヒステリーババアだった母と祖母の叱責に耐える毎日だった幼少時、金切り声を聞きながら「大丈夫、これもいつかは終わる。こいつも死ぬし、私も死ぬ。何もかも、嫌でも終わる」という事実が救いに思えたことが影響してる気がするな。
ていうか、何で人の生き死にを他人が決めるんだろうね。もっと簡単に自分の死を自分で決定できる世の中になればいいのに。白石一文の小説で、「自分の意思で生まれたんじゃないからこそ勝手に死ぬことは許されない」みたいなことを言ってた気がするけど、その理屈は私には理解できないな。別に好きで生まれてきたんじゃないんだから好きに死なせてくれ、生まれさせられて生きさせられるなんて迷惑だ、って思う人もいるだろうし、そしてそれは許されていいと思うんだけどな。
私はザ・ワールド・イズ・マインのモンちゃんじゃないけど、基本的に価値のある人間なんていないと思ってるので、だからこそもっと皆自殺も含めて自由にすべきだと思う。
あと、外野は何でも条件付きで語れよな。する側の事情は鑑みず、「自殺は絶対悪!」とか脊髄反射で叫ぶような世間のケツの穴の小ささが、世の中を生き辛くして自殺者の増加に拍車を掛けたりしてんのかもよ。んでまたその悪と断ずる根拠と言うのが、「若年人口が減ると年金のシステムが破綻する。国のためにも苦しんで生きろ」とかそんなんだったりして、更に死にたさが加速したりする。バカか、と思わんでもない。
サービス業に過剰な要求をする客が、回りまわって自分が働こうとした際に多大な負担を被る、自分で自分の首を絞めるのに近い構図にも似てるかもしれない。その高邁(笑)な心が世の中を生き辛くしてますよ、と。大体皆自分が尊いと思ってるからこそ小さいことでカリカリするんだよな。人間死ねば糞袋、皆どうせ大した存在じゃないんだからさ、お互い様でもっとユルく行けばいいのに。そしたら自然に自殺も減るんじゃないかと思うんだけどな。生きるのが楽しけりゃ嫌でも皆生きるっつーの。



・もう随分古い話題になってしまいましたが、加熱した大津のいじめ自殺報道を受けての野田首相のメッセージ生放送は、偶然生で見ていたのですが、いかにも相田みつをが好きな人らしい、薄っぺらくて当たり障りのない、誰でも言えるような、別にこいつはこんなことどうでもいいって思いながら喋ってんだろうなって感じの非常にバリアフリーな内容で聞いてて安心できました。寧ろ今更急に聞いて納得できるようなこと言い出されたら心配してたところですよ!
ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。