FC2ブログ

感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_

ウパニシャド哲学と新宗教

死んでも生まれ変わることをインド人はどう捉えたかというと、これはです。死ぬことが苦しみなのは理解しやすいですが、インド人は生まれること、生きていることも苦しみと考える。飢饉、疫病、戦乱、天災、あらゆる不幸が人生にはついてまわる。生きることは苦痛とセットなんです。考えても見て下さい。現代でも生まれついたカーストによってはものすごくつらい人生が待っているんですよ。「今度生まれ変わってもあなたと一緒になりたいわ」なんていうセリフとは無縁な世界です。絶対生まれ変わりたくなんか無いわけ


インドの宗教とはこういうところで波長が合うのです。
だって仏教だって平たく言うと教えの中身は「生きてるの虚しいし超辛い!もう二度と生まれなくていいように輪廻の輪から抜け出そうぜ!!」ってことだもんね。すげー暗いw
しかしなんで私は現代日本に生まれたのに古代インド人みたいなこと言ってるんだろうね。



■ Am I Wry? No / Mew


なんか突然思い出して聞きたくなったので。iTunesで買おうかと思ったらなかったからPVで我慢の子。
デンマークの、シューゲイザー、なのか、これ・・・?バンドです。改めて聞いたらイントロかっけー。凄い透明感。PVもオサレすなあ。
そういやサマソニ05で見たなーと思って当時の日記を漁ってみたら、「“深閑とした森の中の流動しない冷たい水”っていうイメージが浮かんだ」って書いてあったw




なんかまた気が向いたら寝るまで書き足してきます。


Comments


ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。