感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 」

先日、本当にここのところ聞く“必要性”というものから遠ざかっていたNINの音源を深呼吸するように聞き漁る精神状態に久々に陥って、先般教授と、それからもう一人ある人からされた質問のことを思い出した。「あなたにとってどうなるのが幸せですか?」
「死にたくならないことです」、と私は答えたような気がする。
先刻、なんとなくRadioheadのNo surprisesの歌詞についてどんなだったっけと考えていて、「恐怖も驚きもない 不安も不意打ちもない 静かな暮らしを僕にください」という一節を思い出して、あ、これだ、と思った。
生まれ変わりたいなどと思ったことはないのだけれど(というか二度と生まれ変わりたくないと思っている)、どうしてもまた生まれなくてはいけないのなら、人間じゃなくて生きてるだけで満たされるものがいい、と昔から思っていた。もしかしたらその感覚は少し近いのかもしれない。
ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。