感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真の愛とは醜いものを愛すること、つまり不可能ということ」

……というのは、故・倉橋由美子女史のお言葉ですが。
善いとされるものも悪いとされるものも、須らく全て一度は疑わないとダメだね。というか、その方が世の不幸の総量はなんだかんだで減るんじゃないかな。
愛は精神病。愛が魂に悪いこともあるし、売春が魂に良いこともある。
それを解った上でやりたきゃやれ、嫌ならやめろ、ってことだね。


本能的なこと、集合的無意識に詰め込まれてるものを排除したところで、さて私は本当に生きていたいのだろうか?というのが、私の知りたいことのひとつのような気がする。


「口内炎できちゃった」
「あらま。口内炎には焼いたナスをくっつけるといいとか言うよね」
「えっ、うちの地方では蜂蜜だったけど……」
「えー、それは聞いたことないな。ググってみ」
「あ、本当だ。ナスって書いてある。でも蜂蜜も書いてあるよ」

……というような会話の後、ぼそりと「(トマス・)アクィナスは嫁に食わすな……」と呟いて帰っていった彼氏は(ぼそっと言われると反応に困るけど、でも私はアカデミック(?)なギャグにはちょっと弱い)、うちのヤモリの可愛さに触発されて、ウーパールーパー(学名・アホロートル)を飼うことにしたそうです。なんでだ。
もうウーパールーパーの飼育に慣れたら、その後はエリマキトカゲとかシーモンキーとか飼っていったらいいと思うよ、と言っておいた。防大の中に昭和の懐かしい動物ばっかりの動物園ができるよ!やったねタエちゃん!


今たまたま目にしたエロ漫画の女の方の台詞で、「受精しちゃう!卵子が精子を受け入れちゃう!」とかいうのがあって、なんか口調が小学校の理科教師か何かみたいで思わず噴いちゃって悔しいビクンビクン。
ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。