感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記。

飲みながらレポートを書きつつ適当に。
こういうときのが筆が進むんだよ!


・デレた鰐塚ちゃんよりも素の球磨川君のが可愛い、これはガチ。

・卒論のテーマをぼんやりと考えてるんだけど、下手すると「何故ロックスターの多くは27歳で死ぬのかについての考察」とかになりかねない感じになってきてる、いやマジで(笑)。
多分「自傷/自殺」「性倒錯」「虐待とその後遺症」「アート」とかその辺は間違いなく入る。
でも結局、私は私が何でこんなことになってるのか?を解明したいだけなんだよね。だからやってても苦にはならないし(気分転換が下手だから一人で根詰めて〆切にピリピリしはするけどね)。
まあ奨学金っていう旨味に味を占めたので今年一年間また頑張りますよ。報酬によってすっかり条件付けが強化されてるNe!(^p^)

・精神科の待合室に漫画で読む君主論なる本があったので何気なく読んでみたら、カテリーナ・スフォルツァ(子供を人質に取られた際、敵陣に向かってスカートを捲り上げ「バカめ、子供なんてこの後幾らでもここから出てくるわ!」と言ったという伝説のある女傑)やチェーザレ・ボルジア、メディチ家なんかの桐生操の本でよく知った面々が出てきてちょっと燃えた。同時代人だったのね。しかもモロに関わってるし。
でもマキアベッリが国政から一度追放された後、二度と政治には関われないまま死んだ、ってストーリーになってたのは何故なんだろう。ページ数の関係か?確かマキアベッリは君主論を書いた後、再就職してたはずだけど。
因みによいこの君主論 (ちくま文庫)の著者の一人である辰巳さんがそれを書いた理由の一つは「マキアベッリは君主論を書いたら再就職できたから、僕も君主論に関係ある本を書いたら就職できるかなと思って」だそうです(そして実際に就職できた)。
しかし、チェーザレはどうなんだろうねー…力はあったんだろうけど、彼の謀略のお陰で妹のルクレツィア・ボルジアはあっちに嫁にやられこっちに嫁にやられ、挙句旦那が邪魔になったらチェーザレがあっさり殺しちゃうし…まあ個人と国を天秤にかけて、チェーザレは国を取った、ってだけの話なのかな…。

オーケンののほほんと熱い国へ行く (新潮文庫)によると、三島由紀夫が「インドには行ける人と行けない人がいて、それはカルマによって決まる」とか言ってたらしいんだけど(ホントーか?w)、この場合カルマがあると行けるのか逆にないと行けるのか、どっちなんだろうね、とガンジス川に浸かって来た私は思いましたとさ。
どうでもいいけど、インドにipodを持ってってたので、「向こうでKula Shaker聞いたらどんな感じかなーわくわく」とか思ってたらすっかりそんなこと忘れて全然聞かずに帰ってきました。
まあでも、今思うとHey Dudeとかは合わなそうな気がする、なんとなく。Tattvaは合うかもしれない。

・ハムレット、ちょっとだけ読んだ。
「脆き者、汝の名は女なり!」って、ハムレット、カッコいいな(笑)。
ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。