感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院とnilライブ

病院に行く。今の先生は結構話を長めにしてくれるんだけど、なんか「今本を沢山読んでるんですけど、あんまり楽しくなくて、『買っちゃったから読まなきゃ』という義務感でやってる感じです」とか真剣に話してたら段々気が滅入ってきてしまった。私やっぱり自殺で死んだりするんじゃないかしら、とかね。「ありますね、そういうこと」って同意してくれたけど。でも私、「今何をしてるときが一番楽しいですか?」って訊かれて答えられなかったよ。今、死ぬほど辛いことも無いけど、全然楽しくはない。低空飛行気味。早く学校始まって欲しい。
その後nilのFCライブで渋谷に移動。正直行こうかどうしようか割と本気で悩むくらいのローテンションだった。早めに着いたので、とりあえずSUBWAYでタンドリーチキンサンドとチャイを頂いてから、じっくりカラマーゾフの兄弟を読んでいたところ、ふと気付いたら外が土砂降りになってた。うそー、折り畳み傘置いてきちゃったぜー。ここでまた帰ろうかどうしようか悩んでしまったんだけど、えいとばかりに隣のドンキでビニール傘を買って頑張って行った。スニーカーにおもくそ雨が染み込んだけどな!しかも帰りには止んでやがるしよ。
あとどうでもいいけどカラマーゾフの兄弟、難しいよ。今教会と国家の分離がどうのこうのってところだけど、いちいち人物の台詞が長いねん。
ライブは、思ったよりは楽しめた。なんかリズムとってたら頭が酒飲んだみたいにボーっとしてきていい感じに。こないだの公開録音の時ほどの衝撃は無かったけど、でもやっぱりアルバム発売直後のライブが楽しみだと思えるライブだった。ちょっと精神が楽になった。早くアルバム聞きたい。
帰り道、109の前あたりで警官が何人もウロウロしてて、ああ、のりピーを探してんのかな、と思った。そしたら周りのにーちゃんも同じことを考えたらしく、「死ぬか捕まるかどっちかだよねー」とかいう台詞が聞こえてきて、なんか切なくなった。大衆は無責任。
帰ってタモリ倶楽部を見て寝た。
ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。