FC2ブログ

感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「でも、忘れないで。結局これも、味覚と嗅覚のもたらす、脳内反応に過ぎないのです」

まあ、久々なんで雑多に。

・ジュンジュラの新しいアルバム“Edelweiss”では、“動脈”が一番気に入ったかな。もうイントロだけでゾクゾクする。あの噎せ返りそうなほどに濃い、夜の匂い。ZIGZOの曲からは太陽の明るさ、暖かさを感じることが多いけど、ジュンジュラは夜だな。
“BE BEE”もいいね。特にギターの音がいい。私、ギターが特別いいなと思うことってあんまりないんだけど(たまにベンジーのギターとかで思うくらい)、この曲のギターはなんか、泣いてるみたいでいい。
“Japanese Democracy”は、初めてライブで聞いたとき、「この憎悪を丸くならずにまだ抱えてられるってのは、実は凄いことなんじゃなかろうか」って思ったのを覚えている。
“Early Glory”は、良くも悪くも爽やかで青臭いな、とw あと統さんが目立ってるよね。

しかし、nilのFCの会報に、ジュンジュラのインタビューと、SAKURA&TETSUの対談しか載ってないのはどうかと思うなw なんか勘繰っちゃうじゃない……



「なんで、写真なんか撮るの?おもしろいの?」
「まあ、おもしろいと思ったこともありましたけど……」
「そんなもんは自分の目で見とりゃええでしょ。写真なんかに撮ってどうすんの?」
この客の言うとおりだ。俺もそう感じていた。きれいだ、愛しいと感じるなら、ただ眼で見ればいい。その時、レンズを通す時間が勿体ない。自分の眼で見て、触れればそれでいい。でも、いつの間にか、感動すら間がもたなくなる。だからカメラを構えるのだ。

↑これ、リリー・フランキーの“おさびし島”(“ボロボロになった人へ”収録)の一節なんだけど、私が写真にそれほど興味がない理由を端的に表してくれてるなあと思って引用。
いや、別に写真を撮る人をバカにしてるとかじゃないんだけどさ。ウィトキンとか好きだし。
でも、写真に撮らないと忘れちゃうようなことは、元々忘れていいようなものだってことだよ、とも思う。
あと、リリーさんの文章は、“死刑”の「何日も餌を与えていない血走った●●●」の天丼に見られるような陽気さも確かに持ち味だとは思うんだけど、本質にあるのはやっぱり“おさびし島”にあるような、薄ら寒い身も蓋もなさだと思うな、私は。



「人はね、母親の胎内にいるときが最も魂がイノセンスな状態なのです。だから、生れ落ちたとたん、そのことに激しく傷付く。何故ってこれから自分で息をしなくちゃいけないんだから不条理極まりない。だから大声で泣くんです。それからは魂は傷つくことの連続ですよ。」

……こちらは、大塚英志著“ロリータ℃の素敵な冒険”より。
大塚英志の作品に漂うノスタルジーは本当、たまんないものがあるな。それが“絶対に手に入らないものに対する想い”と、それに対する冷徹なまでの目。
奥さんの作品も悪かないけど、ノスタルジーが足りない気がするんだよね。



・近いうちに石川啄木の歌集を買おう。



・中学生棺桶の“馬鹿がばれるの怖くて無口”(←曲名です・w)の、イントロのドラムのガチャガチャ感はたまらんね。ドラムの人、変わっちゃったけど……。
棺桶時代のアルバムでは、“矛先についたガム”が一番わかりやすいというか、入りやすいと思うの。



日本語ラッパーがボンボン過ぎる
私はKREVAは結構好きで聞いてたんだけど、他にも高学歴ラッパーって結構いたのねw
リスナーにはDQNが多いイメージなのに、なんか不思議。KREVAはギャングスタ性が薄いから好きなんだけど。感謝まではいかないところもいいな。あと、曲としてはそうでもないけど、“あかさたなはまやらわをん”の歌詞はとても良いと思う。「まあ、人間わかりあえないもんだけど、それでも努力はしましょうよ」ってところに立ってるのが良い。なんでだかPVに爆撃機が出てきてちょっと怖いんだけど。



・スペイン語の授業、楽しいッス。触れたことのない言語を学ぶってのも楽しいもんですね。もっと早くやっときたかったなあ。英語との類似点も色々見付かって面白い。あとなんかキューバ行きにも現実感が出てきた気がする。今年は成績順じゃないらしいからまだ奨学金もらえるとは限らないんですけども。
まあでもインド行きもカナダ行きも実現してきた私のこと、キューバ行きもいつかは実現させますよ。やるって言ったらどんなことでも本当にやるかんね、私は。



・なんかふっと、中学の頃の国語教師のババアが授業中、「宝くじが当たったら教師なんて速攻辞めるよwww」とか口にしてたことを思い出したけど、こういうダメな奴をわざわざ子供に触れさせるってのはどうなんだろうね。だってこれ、「やりたくないけど飯食うために厭々お前らに講釈垂れてやってんだぞ」ってことでしょ。なんかもう、げんなりするよね。別に毎日溌剌と仕事しろとまでは思わないけどさー……



ヤ○ダ電気で「話しかけて来なければ買ったのに」と言うのが楽しいw
私も店員が話しかけてくるの、嫌いだな。親切心の振りして「あわよくば売りたい」ってのが丸見えってのは、つまり下品ってことだと思うんだけど。あと、バカみたいにでかい声で接客してりゃいいみたいな風潮もやめろ。うるせーんだよ、年寄りじゃないんだからさ。
しかし恐ろしいことに、昔家電屋でバイトしてた頃、ガチで客から「買い物に行ったけど店員が話しかけてこないから何も買わずに帰った。社員教育はどうなってるんだ」みたいなクレームがメールで来たのを見たことがあるのであった。なんという察してちゃん…!もしかして、生まれつき喋れない人とかだったんですかね。それならまだわかるけど。
なんていうか、接客業は、嫌でもキチガイの相手をしないといけないから困るよな。
スポンサーサイト
ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。