FC2ブログ

感 情 廃 棄 物

Doubt everything.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_

5年くらいの付き合いのリア友兼マイミクさんから久々にメッセージが届いた。

> ところで私最近パソコン変えたんだけど、ヘキサのブログ見ようとすると、ウイルスバスターが「成人向けです。ブロックします」とか言って、見れないんだな…。笑

えぇーっ。予期せぬタイミングでのノートン先生からのお子様には見せられない宣告。
因みに試しにキッズgooで検索してみた所、案の定こちらでも弾かれる
「オチンコから脳がとび出た!」とか書いたり、「ハダカのこどもにゴクリなまつばわいてくる」とか書いてある画像を貼ったりしてるからでしょうか・・・。自重しませんけど。
ノートン先生の設定を変えて再度見にいらしてくださるのをお待ちしております。


そういえば5日に湯島天神に初詣に行ってきたんですけど、おみくじ引いたら末吉で、「願い事:叶うが、色事に溺れるとうまくいかない。」と書かれておりました。忠告がちょっと遅かった
つうか人生に於いて多分何十回とおみくじ引いてるけど、こんな突っ込んだ?こと書いてあるの初めて見た。


■ 最近読んだ本
スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 / 香山 リカ

■ 読み途中の本
自殺されちゃった僕 / 吉永嘉明
145人の自殺者―彼らはいかにして命を絶ったか? / スーサイドラボ
目からウロコが落ちるニーチェ入門―フロイトから読み解く/ 梅香彰

もうすぐ大家さんが誕生日プレゼントにケーキとお寿司を持ってきてくれることになっているのだけど、本棚を見られないように気をつけたいと思う。


マジックハンドで遊ぶ
オチが唐突且つ黒い件について


ミュージシャン同士の喧嘩
>>71
 > 俺も聞いた事あるよそれ
 > なんかRIZEのメンバーが呑んでたら
 > ジェシーが「今からブランキーのドラムを殴りに行く」って
 > 宣言して出ていったんでしょ

YAH YAH YAH思い出した


wiki - 中華人民共和国・仏教
> 政府は輪廻転生を続けるとされるチベットの高僧(活仏)が転生する際、政府の許可なしの転生は認めないことを決定した

・・・


肉を たべたいというのは、動物を ころしてでも たべたいということだ。
> 動物園や水族館で「いってはいけない」ことばがあるそうだ。それは、「おいしそう」だという。

そうなの?ごめん私普通に言うわ。アジとか見ると。
あと犬猫の腿の裏側を見るとおいしそうだなと思う。ぷりぷりしてて。


買売春はなぜいけないのでしょうか?法律で禁止されているというのはダメです・・・
自殺と一緒でしたい人はすればいいししたくない人はしなきゃいいだけの話じゃないかなと思うけど。性犯罪の統計見てるとポルノの類とか性風俗産業はやっぱりある程度の抑止になってそうな感じだし。
どうしてもやらせたくないなら"どういうメリットとデメリット(或いはリスク)があるか"と"それを踏まえて何故自分がやってほしくないのか"を説明するしかないんじゃないの。「いけない」という根拠はなさそうだし。


スポンサーサイト

_

ウパニシャド哲学と新宗教

死んでも生まれ変わることをインド人はどう捉えたかというと、これはです。死ぬことが苦しみなのは理解しやすいですが、インド人は生まれること、生きていることも苦しみと考える。飢饉、疫病、戦乱、天災、あらゆる不幸が人生にはついてまわる。生きることは苦痛とセットなんです。考えても見て下さい。現代でも生まれついたカーストによってはものすごくつらい人生が待っているんですよ。「今度生まれ変わってもあなたと一緒になりたいわ」なんていうセリフとは無縁な世界です。絶対生まれ変わりたくなんか無いわけ


インドの宗教とはこういうところで波長が合うのです。
だって仏教だって平たく言うと教えの中身は「生きてるの虚しいし超辛い!もう二度と生まれなくていいように輪廻の輪から抜け出そうぜ!!」ってことだもんね。すげー暗いw
しかしなんで私は現代日本に生まれたのに古代インド人みたいなこと言ってるんだろうね。



■ Am I Wry? No / Mew


なんか突然思い出して聞きたくなったので。iTunesで買おうかと思ったらなかったからPVで我慢の子。
デンマークの、シューゲイザー、なのか、これ・・・?バンドです。改めて聞いたらイントロかっけー。凄い透明感。PVもオサレすなあ。
そういやサマソニ05で見たなーと思って当時の日記を漁ってみたら、「“深閑とした森の中の流動しない冷たい水”っていうイメージが浮かんだ」って書いてあったw




なんかまた気が向いたら寝るまで書き足してきます。


20代後半戦突入

しちゃった \(^o^)/
年とったなー自分・・・なんか精神的には16くらいから変わってない感覚なんだけど。イエモンのファンクラブに入ってからもう11年も経ってるのか・・・

胸が垂れる前に死にたいと思う今日この頃。


あ、今年もよろしくお願いします(遅い)。


そういや先日センター試験を受けてきたんですが、英語のリスニングテストで一人一つずつ配られるICレコーダーを利用したんですけど、使用済みのレコーダーは欲しい人は持ち帰っていいそうなんですよ。イラネって人は返却すればリサイクルされるそうなんですけど。
で、私はレコーダー本体は別にいらないけどイヤホンだけ貰ってきたんですよ。今使ってるやつが壊れた時の繋ぎに使えるかもとか考えて。
まあでもどうせタダで配るもんだし中国製のショボショボのなんだろうなー、ってな感じでこれ以上ないくらいに舐めてかかってたんですが、帰りの電車の中でipodに付け替えて早速試してみたら、重低音がやたら強くてですね。明らかにこっちのが良音。幾ら私の使ってた奴が安物だとは言え・・・。因みにこいつなんですけどね。ベースもいいけど特に太鼓の音が綺麗に聞こえる気がする。
しかし基本使い捨てのものなのに何なんだこの無駄なクオリティは・・・。思わずパナソニックの方を二軍降格させちゃいましたとさ。

因みに、さっき志望大学の募集要項を何気なく読んでたら筆記のみが選考の対象で、リスニングは受けなくてもよかったという事実が発覚したというオチがついた。まあ実質タダだしイヤホン貰えたからいいんだけど。


あととてもどうでもいいのだけれど、→にある"シチュー引きずり回し"のシチューをクリックすると、クリームシチューからビーフシチューに変わる事に最近気付いた。いやだからなんだと言われても困るんですが。


今日レディへ聞いてたら久々に身体にビリビリ来た。身体の中を這い上がってくるような振動。
やっぱBGMとして音楽流すのは良くないね。少なくとも私にとっては。歌詞にちゃんと触れないと歌が全部自分の中に入ってこない。
あと歌い手は歌詞そのものになるくらいの気持ちで歌って欲しいんだよね。ある種のシャーマニズム。
歌詞書いてる人間が「歌詞とかどうでもいい」とか言ってたら、まあそりゃ勝手にすりゃいいけど、少なくとも私はそんな人の歌は聞きたくないけどね。じゃあなんで書くんだよって話。



もし日本のバンド同士が殴り合いしたらどのバンドが一番強いの?
やっぱ喧嘩強いのはコア系かなあ。ロキノン系はひょろい人多いから皆すぐ死にそう。


土手の新しい遊び
これを土手にサブカル人間をずらーっと並べて開催するのはどうだろう。
ドキュメント:ジャコビニ流星群もオチが好きだ。

というか今頃気付いたんだけど、デイリーポータル Zって面白いですね。最近上記の二つの記事を書いてる藤原浩一さんがちょっと根暗っ子の匂いがして気になってます。あと腕が細すぎてすげえ涎出そう
小野法師丸さんなんかは以前からサイトの過去ログ全部読むくらいファンだったんですが(暇人)。このへんとかこのへんとか大好き。なんともいえないもやっとしたまとめ方が良い。
あと工藤考浩さんはデイリーポータルの記事もいいけど、ブログの方が毒があって面白い気がする。この記事が特に好き。中学生みたいでw

absolve

ds_vlcsnap-264272.jpg「 無理して生きてる事もない 」
という一言が、ひどく心地良く感じた。
ゆるゆると全てを赦すようで。
「 治さなくていいよ 」
っていうあの歌のようで。
少なくとも私にとっては。
死んでしまいたいと思う瞬間が確かにあるということをすら赦してもらえるなら、
生きていけるかもしれないな、と思った。

御伽噺なんだろうけど、さ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


「 ゆるされたいなあ 」
と、アトモスフィアの帯には書いてあった。

「 ふざけんな 」
という言葉からそれは始まる。
だけど“わたし”はそれを頭の中で思うだけで、決して実際に口に出すことは無い。
“わたし”は言う。

「 『 ふざけんな 』
 なんてことを私が決してわたしが言わないのは
 あらかじめ全てを赦してやってるからだ。
 わたしがわたしのために。 」

わたしが傷付かないために。
“わたし”はすべてを赦して 「 やって 」 いる、ということで安寧を得る。得ようとする。

稀に揺らぐ瞬間もある。
「 怒るなら今だ。こばむなら・・・。 」
けれど結局、彼女は「 ふざけんな 」と、口にはしなかった。

独白。
「 あはははは。
 わたしは怒ってなんかやらない。
 君にもわたしにも誰にも本気になんかなったりしない。
 ざまーみろ。
 ざまーみろ。
 ざまーみろ。 」

突然家にやってきてセックスだけして帰っていく恋人に、
「 今日はありがとう。 」
と言って送り出した後、DSで遊びながら“わたし”はひとりごちる。

「 なーにが 『 ありがとう 』 だよ?わたし。
 ばーか。
 あはははははは。 」

“わたし”はよく笑う。
乾いた笑い。感情を伴わない、寒いくらいに空ろな。

そして救い難いことに“わたし”はその空ろに気付き乍らやっているのだ。

「 わたしが 『ふざけんな』 って君に言わないのは、
 誰よりもふざけているのはわたしだからだ。 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


「 赦す 」という言葉の意味を考える時、いつもPiCNiCを思い出す。
「 信じる者は救われる。俺はもう救われた 」
そう言って世界の終わりを特等席で見るために意気揚々と病院を飛び出したツムジは、しかし道中、突然の雨に打たれることで意識に蘇ってきた過去に怯え、泣きじゃくりながら言う。

「 駄目なんだ。たとえ神様が赦してくれても、あいつは赦してくれないんだ 」

しかし“あいつ”は決して彼を赦すことはない。
何故ならツムジが赦しを請うべき“あいつ”は彼が殺したのだから。

決して手に入らないものを求めて彼は踠く。

ならば彼はどうすれば赦されるのか。
単に認識の問題に還元すればいいのか。
事実はどうでも、ツムジが 「 赦された 」 と思いさえすればそれが赦しなのか。

「 あたしがあんたの罪を洗い流してあげる 」
そうココに言われた後、ツムジは何処へ行くんだろうか?


ネガティブな言葉
 

presented by.悲観的なピエロ
プロフィール

ヘキサカルボニル錯体

  • Author:ヘキサカルボニル錯体
  • 某仏教系大学にて臨床心理学を専攻→卒業。
    音楽や文学でなんとか精神をチューニングしつつ、医療業界の隅っこで生きてます。
    御用の方は☆を@に直してcaramelholics☆hotmail.comまで。

  • アンテナ


  • last.fm


  • 読書メーター
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。